人間関係の秘訣はなんでしょうか?

インターネットが日常的なものとなった現在、うまくいく人間関係の秘訣はなんでしょうか?それは、メール術は重要なポイントです。このことは出会い系にも当てはまり、メール術を学んでいないような男性からのアプローチでは実際会う状態までたどり着くのはまれでしょう。
いきなりタメ口やなれなれしい言葉遣いは嫌がる女性が多いですし、会いたいという下心を隠そうとしないようでは、女性の警戒を強めるだけです。

それに、自分の都合や気持ちを優先したメールでは、連絡はなくなってしまうでしょう。悲しいことですが、一部の出会い系サイトの利用者の方からはいくつか被害が報告されており、その中で最も頻度の高い被害は、シンプルに「サイトを使っても、出会えない」という被害です。

もちろん、明らかにディスコミュニケーションがあるせいで相手から不信感を抱かれ出会えない、というケースは被害とはみなしません。

ここで言う出会い系サイトの被害とは、サイトそのものがそもそも出会いの仲介などしておらず、かつそれを隠しながらただ利用者から課金を巻き上げるだけのケースです。たとえば、女性登録者がすべてサクラであるという事態もあったり、最近ではさらに手が込んでおり、コンピュータにプログラムされた文章が返信されているだけのこともあるということだそうです。

出会い系サイトでやりとりをしている相手に興味が湧きだしてくるとお互いの顔写真を見たいという話になります。結婚を前提とした付き合いを求めているのではなく恋人気分を味わいたいだけなら見た目を重視する事もあろうかと思います。

実際に逢うことが無いのならば別人の顔写真を見せても分からないかも知れませんが、現実に会う約束をしたい時に一番困るのは自分自身でしょう。実際に会ってその先の関係を築きたいと思える相手ならば今現在のあるがままの自分を見せるしかありません。その逆に相手の送付してきた顔写真が本物ではない可能性も充分に理解しておきましょう。

多くの出会い系サイトでは、男女の会員数に差があることが多く、自分から女性にコンタクトをしてみても返信が来る事自体が珍しいですし、プロフィールを見た女性が自分からメールをしてくれることはまぁないでしょう。しかし、もちろん全くないわけではありません。医者、裁判官、弁護士などの肩書があれば、ひっきりなしに連絡がくるでしょう。ただメールのやりとりがしたいだけであれば嘘のプロフィールを書くこともできますが、すぐに発覚してしまうでしょうし、後で面倒なことになりかねません。

ネットの出会い系サイトで知り合った異性と実際に会いたいと思った時に、とても便利なツールがあるのをご存知ですか。メールのやり取りを通して相手のことが分かり、実際に会うには、もう少し様子を見てから考えたいと思うことがありますよね。お互いが会いたいと思っているのにスケジュールが合わないという人もいるでしょう。そんな時は、スカイプを利用して会話してみて下さい。

スカイプを使えばどんなに話しても通話料無料の上、何よりお互いに顔を見ながら話せるので、ふたりの距離がグッと縮まります。

しかし、顔を出すという行為は危険で、トラブルに原因にもなります。

十分相手が信用できると判断できるまでは、カメラをオフ設定にするなど顔を出さない工夫をすることがいいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です